スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

月の土地 Q&A

月の土地に関する、良くある質問を一部ですが紹介いたします。
ぜひ、参考にして疑問を解消してくださいね!


Q.月の土地は本当に買えるんですか?

A.買えますよ。もちろん、違法でもありません。



Q.月の土地を購入した場合の維持管理費用はどのくらいかかりますか?

A.月の土地の管理費用等の費用はかかりません。
名義変更、再発行の場合は手続きに手数料がかかります。



Q.月の土地は割引サービスとかありますか?

A.まとめてご購入をすると割引等の割引サービスは
残念ながら行っておりません。


Q.隣同士の土地を買いたいのですが、場所の指定は出来ますが?

A.一度にまとめてご注文頂くと、注文順に番号が割り当てられるので隣同士になります。
月の土地は1エーカーごとの単位にくぎられて販売されています。


→月の土地に関する詳しい情報はこちら

大切な人に月の土地をプレゼント。驚く・喜ぶ顔が楽しみ!





月の土地はプレゼントに最適です!

現在月の土地をご購入された方は、世界中で「約120万人」もいるんです!

アメリカのデニス・ホープ氏が、、「月は誰のもの?」という疑問を抱き、
宇宙に関する法律は1967年に発効された「宇宙条約」しかない事を知りました。

そして、デニス・ホープ氏は月の権利宣言書を作成し、
アメリカ合衆国政府、国連、旧ソビエト連邦に権利宣言書を提出をし、
地球外不動産業をスタートさせたんです。

ですので月の土地の販売は正式に許可された不動産業なんです!


月の土地はプレゼントに最適なんです。
多くの方がプレゼント用にご購入をしていますよ!

プレゼントをして喜ばれたというお客様からの声を良く聞きます。

母の日、父の日、お誕生日、クリスマス、バレンタイン、ホワイトデー
様々な記念日に、思い出に残るプレゼントとして『月の土地』を
贈ってみてはいかがでしょうか?

→月の土地に関する詳しい情報はこちら


月の土地





月の土地は地球外不動産へ

この不景気、マイホームを購入したいけど夢の話。

そんな現実に嫌気がさしている人もいますよね。


でも、どうせ夢の話をするのなら月の土地を購入
してはどうでしょう?

「住めないから」なんて夢のない話、しないでくださいね。

世界中には130万人、日本でも15万人という土地の
所有者が現実にいます。

そして、不動産屋さんだって、現実にあるのです!

米国のルナエンバシー社だけではなく、日本代理店も
きちんとあります。

月の土地を販売する独占権を持ったところで、許可があって
販売しているので、それ以外のところでは購入しないでください。

TheLunarEmbassy.LLCが認可をしたところにしか、
販売資格はありません。

そのため、せっかく夢のある月の土地を購入しても、偽物
ということになってしまいます。

商品に類似品と正規品があるように、月の土地も正規代理店で
購入してくださいね。


ひょっとしたら、お隣さんがあの超有名大物女優!?なんて
ことがある月の土地。

月を見ながら、いろいろ夢のある話をしてみるのも良いでしょう。

>>>月の土地の詳細はこちら

色々選べる月の土地やグッズたち

今、人気の月の土地。

火星や金星の土地の販売もありますが、そのほかにもグッズが
たくさんあります。

自分のために購入するのなら、いろいろ選ぶこともできるほか、
プレゼントや自分用に、色々なグッズもあります。


子どもと楽しめるような次世代カーは、水と太陽で水素を作って、
走ることができて、走らせることができるため、子どもだけでは
なく親子で夢中になることもできます。


またお部屋のインテリアになるものや、家で星が楽しめるものの
ほか、天体望遠鏡や宇宙食を楽しむことができます。

たこ焼きや大学いも、アイスなど、宇宙食をプレゼントするのも
面白いかもしれません。

NASAの宇宙食でも使われている製法で、アポロ時代にすでに
作られていたと言われる宇宙食。


月の土地以外にも、宇宙を想像して楽しめるものや、未来的な
ものがあるのも魅力です。

夢の世界が、だんだん現実的になってきています。

こんな夢のあるグッズで、子どもたちも月の土地へ楽しみや夢を
思い描くのも素敵なことです。

大切な人に月の土地をプレゼント。驚く・喜ぶ顔が楽しみ!

(月の土地の詳細は画像にアクセス)

月の土地なら相続も安心

世界中のたくさんの人たちが月の土地でご近所になっています。

一度購入をすれば、今は住むわけではないので、維持費も必要ありません。

となれば、相続とかはできないの?とおもうかもしれませんが、
ご安心ください。


月の土地は、名義変更をすることができます。

自分の子供が結婚をする時に、今持っている土地をプレゼントする。

そして、その子供がまた結婚する時に土地をプレゼントする・・・


そうやって、代々伝わっていくことがあれば、いつか月に行けるように
なった時に、本当に暮らせる日がくるかもしれない。

なんて思ったら、夢のある未来のお話になりますよね。


地球上の土地であれば、相続税だなんだ・・・いろいろな税金をとられて
しまうため、手放すことになることもありますが、3000円ほどで
1200坪ほどが購入できてしまうなんて、本当にすごい話です。

元大統領や有名企業も購入しており、130万人ほどが土地を持って
います。

夢のある話をしたり、楽しい気持ちになれる月の土地、ぜひあなたも
オーナーになってみてはどうでしょう。

月の土地の詳細はこちら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。